【レーシック手術】これからは裸眼で快適に生活

コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。

 

長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 



【レーシック手術】これからは裸眼で快適に生活ブログ:2021-07-24

みなさんは、
シェイプアップを始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
シェイプアップの停滞期というものなんですよね。
シェイプアップをしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
シェイプアップをやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
シェイプアップをあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けてシェイプアップを行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

シェイプアップで食べる事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分がからだの中に入ってこないため、
からだは栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかくからだの中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
シェイプアップを行なったりするのは危険!

停滞期は、
からだが危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていたシェイプアップを続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、2ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度シェイプアップを見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながらシェイプアップしていくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。