【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 



【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2022-01-18

お母さんが息子に対する
過保護や過干渉をなくすためには、
息子を3人以上産むことが望ましい。

お母さんが息子を3人以上産めば、
お母さんの方が育児に対して肩の力が抜け落ちて、
息子に必要な保護や干渉しかしなくなる。

息子が1人や2人では、
どうしてもお母さんは息子に過保護や過干渉を繰り返すので、
息子の方が悲惨な目に遭ってしまう。

通常、お母さんは最初の赤ちゃんを産んで
3年以内に次の赤ちゃんを欲しくなり出す…

育児を楽しんでいれば、
「もう一人赤ちゃんが欲しい!」というのは
お母さんとして健康的な反応である。

それなのにそう思わないとなれば、
お母さんの心が歪んでおり、
お母さんとしてきちんと成長していないのである。

また、
息子が2人いるのと、息子が3人いるのとでは、
天と地ほどに違う。

3人目の息子になると、
お母さんは3回も妊娠し出産したので、
妊娠や出産をきちんとできるようになり、
しかも生まれてきた赤ちゃんにも、
もう失敗することなく的確に育てることができるようになる。

しかも息子を3人以上産むと、
主人が育児を手伝うようになり、
そのことが家内にとって感動をもたらすことになる。

息子が2人までなら、
家内が育児の全てを行うのは当然であって、
息子が3人以上できたなら、
もう妻の手では処理しきれないから、
主人は育児に手を出し始める。

この現象が起きると、
夫婦の絆はより一層大きくなり強くなるのだ。

現実問題として、息子が3人もいれば、
お母さんは息子に対して、
過保護や過干渉を行うことなどできない。

息子ができることに関しては
息子に任してしまい、
息子に処理させるしかなくなるのだ。