【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 



【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2021-07-31

こんにちわですー

減量している人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったおやつを一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて連日ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
連日少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元におやつがあると、
つい8時起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
減量にさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのおやつが無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
8時起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったおやつが無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このおやつが無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
兄や太郎に分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)